和田アキ子、整形で目がおかしい!?眼瞼下垂の手術に失敗した説も浮上・・・

歌手

 和田アキ子さんが、整形の影響で目がおかしくなっているのではないか、と噂されているようです。また、眼瞼下垂の手術に失敗したのではないか、とも言われています。紅白歌合戦に幾度となく出場し、芸能界のご意見番とも言われるアッコさんに、一体何があったのでしょうか?

プロフィール

【生年月日】1950年4月10日(68歳)
【出身】大阪府
【身長】174cm
【血液型】O型
【所属事務所】ホリプロ


 アッコさんは1950年4月10日生まれの大阪府出身であり、4人兄弟の長女でした。あまり知られていないのですが、彼女の父親は実は済州島出身者で母親は朝鮮半島出身なのです。そのため、在日韓国人2世で産まれた際の彼女の名前は、「金福子」という名前だったそうです。

 天王寺区にある大阪市真田小学校を卒業すると私立城星学園中学校へ入学し、そのままエスカレーター式で私立城星学園高校に進学しました。しかし、高校入学と同時に父親が勝手に退学届けを出したことから、なんとわずか3日間で高校を中退してしまいます。

 その後、1968年10月に「星空の孤独」の曲をリリースして歌手デビュー。芸能界の門を開いた際に、「在日韓国人がわかる名前だとまずい」と言う父親の考えから叔父の養子となり、「和田現子」という名前になります。

 歌手デビューの翌年にリリースしたセカンドシングル「どしゃぶりの雨の中で」がヒットすると、世間に「和田アキ子」という名前をが広く知られるようになりました。1970年には「女番長・野良猫ロック」で映画初出演。

 その後は紅白歌合戦に39回も出場するなど、日本人なら誰もが知る歌手となっていきました。私生活では、1976年にマネージャーの男性と結婚したものの、9ヶ月で離婚。4年後の1981年にカメラマンの男性と再婚しました。現在は嫁いだことになるので、本名は「飯塚現子」となっているそうです。

整形で目がおかしなことに!?

 アッコさんの目がおかしなことになっていると言う声が、ネット上などで多くあがっています。中には、整形を疑う声もあがっていました。年齢を考えるとこのタイミングで整形する可能性は低そうですが、芸能界の仕事の関係で目の整形を施したのでしょうか?少し深く掘り下げてみましょう。

 これからご紹介する写真は、12月2日に放送された『アッコにおまかせ!』に出演した時のものです。目元が、今までと比べてかなりくっきりしているようですね。こうして見ると、確かに整形している可能性は高そうです。しかしこの真相は整形ではなく、実は病気による手術の影響だったのです。

 12月1日のラジオ番組にて、アッコさんご本人が「実は約2週間前に眼瞼下垂の手術をしました」と明かしました。この病気によって瞼が垂れ下がり、視界が狭くなったことから手術をしたそうです。手術して間もなかったことから、12月2日の放送では不自然な目元になってしまっていたのです。

 今回の整形疑惑に関しては、目元の変化についての噂が独り歩きしてしまったことで浮上したようです。実際は病気の手術による変化であり、整形はデマなので、皆さんもデマ情報を流さないように気をつけましょう。

眼瞼下垂の手術に失敗?

 アッコさんの目がおかしかったのは整形ではなく、手術によるものと分かったのは良いですが、一方で「手術の影響にしては少し違和感がありすぎるのでは?」という意見も多くあがっているようです。

 12月2日時点では術後2週間が経過していますが、普段と比べると明らかに目元は不自然と言えるでしょう。そのため、「眼瞼下垂の手術は失敗したのではないか?」という声もあがっているようです。

 ですがその後について調べたところ、現在は以前のように綺麗な目元に戻っているので、決して手術が失敗したわけではなさそうです。年末の歌番組に出演した際は、以前ほど違和感がありませんでした。


 上の写真はアッコさんのInstagramに掲載された画像ですが、意識して目元をしっかり見ると手術前と比べて少し目元が大きく見えなくもないでしょうか?しかし12月2日の時と比べると、回復していることが一目瞭然です。

 手術の失敗は可能性として低いので、心配する必要はないでしょう。2019年4月には69歳になるアッコさんですが、今後のさらなる活躍に期待したいですね。