AIが創価会員なのはいつから!?信者である証拠がこちら・・・

歌手

 歌手のAIさんが創価会員だと噂されているのですが、いつから入信していたのでしょうか?コカコーラのCMソングでもお馴染みであり、数多くのファンを魅了する彼女に浮上している噂について、詳しく掘り下げてみましょう。

プロフィール

【本名】植村 愛カリーナ
【生年月日】1981年11月2日(37歳)
【出身】アメリカロサンゼルス
【身長】158cm
【血液型】A型
【職業】歌手
【所属事務所】ユニバーサル ミュージック

 AIさんは、アメリカのロサンゼルス生まれです。2人姉妹の姉で、母方の祖母がアメリカ人のクォーターでした。4歳の時、父親の仕事の影響で鹿児島県鹿児島市に移り住みます。その後、12歳の時にロサンゼルスへ行った際、ファーストAMEチャーチに立ち寄り、初めてゴスペル・クワイアを体験して感動したことをきっかけに、歌手を目指すことを決意します。

 歌手を目指すため、彼女は中学卒業と同時にロサンゼルスの名門パフォーミング・アーツ・スクールに入学し、ダンスクラスを専攻しました。そこでゴスペル・クワイアのメンバーになって、彼女は唯一東洋人ながら実力と人柄で人気シンガーにまで成長しました。

 その後も学生生活を送りながら音楽活動に取り組み、2000年に卒業すると日本に帰国して1stシングル「Cry, just Cry」をリリースして歌手デビュー。2002年には、ユニバーサルミュージックの傘下であるDef Jam Japanに、女性で初めて契約として移籍することが話題になりました。翌年には全国10ヶ所のクラブツアーを開催して、たくさんの人から注目される存在になっていきます。

 2005年には、リリースする曲がドラマや映画の挿入歌に抜擢。同年5月にリリースした「Story」は売上枚数30万枚、ダウンロード件数400万件となる大ヒットを記録します。そのおかげもあって念願の紅白歌合戦にも出場しました。その後も歌手として活動し、たくさんのヒット曲をリリース。

 先ほど動画でご紹介した「ハピネス」という曲は、コカコーラのCMでもお馴染みですよね。プライベートでは2014年に、音楽集団カイキゲッショクのリーダー・HIROさんと結婚。同年の8月に第1子となる女の子を出産しました。また、2018年12月31日には第二子も出産しています。今は2人のお子さんと旦那さんの4人家族で、幸せな家庭を築いているそうです。

創価会員なのはいつから?

 「AI」さんの名前をネット上で検索すると、関連ワードとして「創価会員」という言葉が出てきます。創価学会とは、日本の宗教法人の一つです。ご自身が把握していないだけで、皆さんの家族もどこかの宗教法人に所属しているのはよくあるお話。

 日本の場合は仏教が主流となっているので、仏教系の宗教法人に所属している可能性が高いでしょう。創価学会も法華経系の在家仏教の団体であり、日本国内だけでも役830万世帯が所属していると言われています。AIさんがいつ頃から会員なのか調べてみたのですが、詳しい情報は出回っていませんでした。

 自分が所属する宗教団体は、家族代々受け継がれている傾向があるので、もしこのことが事実だとすれば昔から両親が創価学会の会員であり、その流れで彼女も小さい頃から所属している可能性が高いでしょう。誰もが何かしらの宗教団体に所属しているのですが、芸能人が「〇〇の宗教団体に所属している」となると、話題性がありますよね。

 しかし、誰もが何らかの宗教団体に所属しているので、大きく騒ぐことでもないでしょう。ということで、AIさんの場合は元々両親が創価学会で、いつ頃からかというと小さい頃からという可能性が高そうです。

信者である証拠

 では、AIさんが創価学会の信者であるという証拠はあるのでしょうか?両親が創価学会だからといって、必ずしもAIさんも創価学会というわけではないではないはず。創価学会はAIさんに限らず、たくさんの芸能人が所属していることで有名な宗教団体です。

 お笑い芸人の久本雅美さんや元アイドルの高橋みなみさん、女優の上戸彩さんや石原さとみさんなども所属していると噂されています(石原さんと創価学会の詳細はこちら)。久本さんに関しては、創価学会の中でも偉い人と言われていて、副芸術部長を務めているそうです(詳細はこちら)。このように芸能人が多く所属していることもあって、創価学会には芸能部もあるのだとか。

 芸能界は横の繋がりも大変重要なので、芸能界で活躍したい人が創価学会を好んで入会するのかもしれません。AIさんの場合も、前述のような理由で創価学会に入信した可能性は考えられます。しかし、リリースする曲の歌詞にはキリスト教を連想させるような部分があるので、一部のファンからは「創価学会ではないのでは?」とも言われています。

 確かに、自ら創価学会を好んで信者になっていれば、別の宗教を連想させるような歌詞を入れるのは不自然とも言えます。ここにきて創価学会の信者でない可能性も浮上してきましたが、「火のないところには煙が立たない」ということわざもあるくらいですし、信者である可能性はいずれにせよ否定できません。

 とは言え、信者なのか否か決め手となる証拠はなく、「両親の影響で創価学会の会員である」というのが一番濃厚です。創価学会に所属していることで世間から冷たい視線を送られることもあると思いますが、今後も歌手として活躍して欲しいですね。