清水富美加が出家した本当の理由がヤバい?幸福の科学信者、千眼美子の現在・・・

女優

 清水富美加さんが出家した、本当の理由が話題になっているようです。彼女は女優として、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演するなどして有名になりましたよね。そして、宗教団体の幸福の科学で出家したことで世間を賑わせました。今回はこの出家にまつわる噂を検証してみましょう。

プロフィール

【生年月日】1994年12月2日
【年齢】24歳
【出身】東京都
【身長】162cm
【血液型】A型
【所属事務所】ARI Production


 清水さんは1994年12月2日生まれで、東京都出身です。3姉妹の末っ子でした。2007年に世田谷区の公立小学校を卒業し、日本大学第三中学校に進学。2008年、中学2年生の時にレプロエンタテイメントのスカウトマンに渋谷で声をかけられて、芸能界の世界に入りました。当時は中学校に通いながら芸能活動をされていたそうです。

 2009年から2012年の3年間は、女子中学生向けのファッション雑誌『ラブベリー』の専属モデルを務めました。その後もモデルとして、たくさんのファッション雑誌に取り上げられ、若い世代の女性から注目される存在になりました。2011年に映画『アバター』で山根孝美役として出演されたことから、さらに注目を集めます。同年には、9月から1年間に渡って放送された『仮面ライダーフォーゼ』にも出演しました。

 当時の彼女は現役の高校生だったのですが、仮面ライダーの撮影が忙しかったことを理由に高校の単位が全然取れていなかったそうです。結局、仕事が忙しいことを理由に、通信制の高校に転校することになりました。2015年にNHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級生「蔵本一子」を演じて、知名度をこれまで以上に上げることになりました。

 そんな中、2017年2月11日に日刊スポーツにて芸能界を引退することを宣言。また、幸福の科学での活動に専念することが報道されたことで話題になりました。しかし、結局のところ芸能界は引退しておらず、現在は所属事務所を変えて芸能活動を継続されているそうです。彼女の詳しい現在の近況については、こちらをご覧ください。

出家した理由

 前述の通り、もともと彼女は幸福の科学に入信しており、そこでの活動を理由に芸能界を引退することを宣言して大変話題になりました。何の前触れも無く、入信している宗教団体の活動に専念することを理由に引退を宣言するなんて、多くの人がびっくりするでしょう。では、なぜ彼女が出家することを決意したのでしょうか?

 先ほどもご紹介した通り、以前まで所属していた事務所からスカウトされたことによって芸能界入りを果たしました。スカウト後は芸能人として売り出すため、事務所が各メディアに彼女のことを宣伝。そのおかげで彼女は芸能界でのお仕事を掴みました。しかし、仕事が多忙になっているにもかかわらず、給料が月給5万円ほどだったそうです。

 2011年ごろに、1年間に渡って出演された「仮面ライダーフォーゼ」でも、事務所に取り分のほとんどを持っていかれてしまい、やはり月給5万円だったそうです。そんなこともあって、彼女は社長のことを憎んでいたそうで、ついにマネージャに「社長を殺したい」「自分が死んでやりたい」と愚痴をこぼすようになっていたのだとか。

 そんな時に自分の支えになったのが、今回話題になった幸福の科学だったそうで、本人は「死にかかっていたところを幸福の科学の皆様が助けてくれた」と語っています。そしてこれをきっかけに、幸福の科学に出家することに。一時は芸能界からの引退も噂された彼女だったのですが、結局芸能活動は事務所を変えて継続。

 しかし、この騒動のイメージが強く残ったこともあって、世間からは少し冷たい目で見られることもあるそうです。決して悪いことをしているわけではないので、冷たい目で見られることもおかしな話のように思えますが…。現在も芸能界で活動していることは、ファンにとっては嬉しいことかもしれませんね。

幸福の科学に入信した「千眼美子」

 これまで紹介した引退騒動まで、彼女は「清水富美加」という名前で活動していましたが、幸福の科学に入信してからは「千眼美子」という名前で活動されています。SNSアカウントの名前も、「千眼美子」となっているので、以前から彼女のことを知っている人からすると、少し不自然な感じがしてしまいますよね。

 先ほど、彼女が幸福の科学に出家した理由を少し紹介したのですが、実は彼女が不満に思っていたのは給料面だけではなかったそうです。芸能化入りして間もない彼女は、事務所から頂いた仕事を断ることなくこなしていました。しかし、本人は他人から性的な対象にされる水着での撮影や、人を殺して食べるような役を演じることで精神的なダメージを受けていたそうです。

 芸能界で干されないためにも、これらの仕事を嫌々こなしていたのですが、事務所からの収入が月5万円。社長が乗っている車や生活を頭に浮かべると、殺意が沸くほど当時の彼女は精神的に疲れ切っていたそうです。そんなときに、心の拠り所となった幸福の科学との出会いがあったそうですが、彼女は子供の頃から幸福の科学の熱心な信者だったとのこと。

 以前から宗教としての救済活動をしたい気持ちが強かったそうなので、今回のことをきっかけに出家することになったのかもしれません。昔から幸福の科学に興味があったことを考えると、彼女の両親が幸福の科学の信者だったのでしょうか?両親の情報までは不明ですが、可能性としては十分考えられるでしょう。

 ちなみに「千眼美子」という名前の由来は、千手千眼観音という仏教の神から来ているようで、千の手を持ってそれぞれの手に眼を持つことから千手千眼となっているそうです。「観音様って仏教では?」と思っている人も多いと思いますが、幸福の科学は仏教の考えがもとになっているのです。

 彼女は幸福の科学で出家する際に、この名前で生まれ変わろうとして改名したのかもしれませんね。入信や出家した理由はともかく、芸能界で活動されているわけですし、皆さんからも注目される存在なので、彼女には今後も元気に活躍してほしいですね。