紅蘭(くらん)さんと言えば、俳優の草刈正雄さんの長女で、その美貌とスタイル、親しげな雰囲気から人気を伸ばしているタレントです。

そんな紅蘭さんは手首と足首にタトゥーをしていて、そのタトゥーには深い意味が込められているという話があります。

今回の記事では紅蘭さんのタトゥーについて徹底解説していきたいと思います。

プロフィール

紅蘭さんは、1989年、8月30日に東京都で生まれました。俳優の草刈正雄さんを父に持ち、母親は元モデルであり女優の大塚悦子さんです。

そんな芸能界一家の長女として生まれながらも、幼い頃の紅蘭さんはテレビに全く関心を示さない子供だったと草刈正雄さんは語っています。

そのため、御笑いBIG3である明石家さんまさん、ビートたけしさん、タモリさんのことも知らなかったということです。

そんな紅蘭さんが芸能界入りをしたきっかけは、洋服のブランド店を経営している友人からモデルをやらないかと誘われたことです。

友人の頼みということと、そのブランド店でのホームページ上でのモデルだろうと考えていた紅蘭さんですが、友人が「紅蘭さんは本格的にモデル活動をしたいんだな」と思いモデル事務所どの仲介をしたようです。

完全に成り行きで芸能界入りを果たした紅蘭さんですが、「自分がテレビに出ることで日本に刺激を与えたいし、私のような人間でも幸せになれるという希望を与えたいという理由で芸能活動をしている」と語っています。

しかし、本当に芸能活動に嫌気が差したら辞めるとも宣言しています。そのさっぱりしたところも、紅蘭さんの魅力の1つなのです。

夫とは事実婚状態、その理由は?

View this post on Instagram

カーター君がお兄さんになります 今年中にはでてきてくれる予定 日々変わっていくカラダと体調の変化を今しか味わえないと楽しんでます Babyの成長と一緒に成長してくれてるリッキーとカーターを見てるのも楽しみのひとつ これからも私達をよろしくお願いします 私は去年の7月に独立して会社設立して 皆様のお陰で今月無事1年が経ちました 応援してくださった皆様 社員、スタッフの皆様 毎日感謝しきれません 仕事は変わらず続けていくつもりです これからも株式会社broskyをよろしくお願いします 今月の jewelry新作もお楽しみに #紅蘭 #カラダの変化が最高に面白い #普段から喜怒哀楽激しい私 #初期はモンスター化してました #感情コントロールできなくてやばい奴だたなw #きっとリッキーは笑えないね #今はかなり落ちつきました #これからも楽しみだな #baby頑張ってくれー #新商品お楽しみに

A post shared by 紅蘭 (@kurankusakari) on

紅蘭さんは、ラッパーであるRYKEYさんと交際していて、そして2018年の7月に結婚をしないまま、妊娠を発表しました。現在もRYKEYさんと紅蘭さんの結婚話のニュースはありません。

いわゆる事実婚という形で2人仲睦まじく、我が子の誕生を心待ちにしているという話があります。何故入籍せず、事実婚という形をとっているのかというと、紅蘭さん自身が「草刈という姓を無くすのが嫌だから」と語っています。

現在日本では、夫婦別姓や事実婚など様々な形の結婚がありますが、通常は女性は相手の男性の姓になるというのが一般的です。

しかし草刈さんの子供は現在長女と次女、さらには草刈さんは母子家庭で育ったため、長女か次女のどちらかが事実婚や夫婦別姓という形にしないと草刈姓はなくなってしまうのです。

「草刈の姓は現在父で止まっているので、夫となる相手には婿入りしてもらうか別姓にしてもらうという条件がある」と紅蘭さんは明かしました。

その理由は、草刈という姓に誇りを持っているだけでなく、実弟の死去にあるともいうのです。紅蘭さんの弟さんとは、一体どんな人だったのでしょうか。

手首のタトゥー は消したのか?

紅蘭さんは、手首と足首にタトゥーをしていると噂されていました。

確かに足首にタトゥーをしているのは事実のようですが、紅蘭さんが手首にタトゥーをしているというのはデマ情報でした。

紅蘭さんがタトゥーをしている場所は右足首一箇所のみです。

足首に弟の顔が

紅蘭さんは、足首にタトゥーをしています。しかもそのタトゥーはある人物をモデルとしたタトゥーなのです。

それが紅蘭さんの実弟である、草刈雄士さんです。草刈雄士さんは、2015年の2月に23歳という若さでこの世を去りました。

草刈雄士さんは、人気お笑い芸人ダウンタウンの浜田雅功さんの息子ハマ・オカモトさんがベースとして活躍しているバンドでOKAMOTO’Sの前身となったズットズレテルズでボーカルを務め、その後ヒップホップで活躍していました。

草刈雄士さんは、23歳で突然亡くなりましたが原因はなんなのでしょうか。調べてみましたが、詳しい死因は少し曖昧な部分があるようですが、ただ確実な死因としては事故死ではないかという見解が多数見られます。

草刈雄士さんは、亡くなった時個人事務所の前で倒れており、緊急搬送されましたが意識はなく、そのまま息を引き取ったようです。警察の調べによると、倒れていた事務所がある、マンションの部屋のベランダの手すりにしがみついたような跡が見つかったのです。

このことから、もしかしたら草刈雄士さんはベランダの手すりに腰掛けてバランスを崩してそのまま転落してしまったのではないかと見られています。

また、草刈雄士さんは自ら命を絶ったのではないかとも言われています。草刈雄士さんは鬱状態と極端に調子がいい時が交互にくる双極性障害を患っていたのではないかと噂されており、それが原因で手すりから転落してしまったのではないかと一部では言われています。

実弟の突然の死にひどく傷つき、体調を崩してしまった紅蘭さんですが、その傷ついた心を癒すため、そして弟をいつまでも愛しているという形を残すためにニューヨークに出向き、「大好きな弟、永遠に」という文字と弟の顔を足首にタトゥーとして入れたのです。

何故ニューヨークでタトゥーを入れたのかの理由を、紅蘭さんは「弟が亡くなる前日に交わした会話で、弟がニューヨークに行きたいからお金を貸して欲しいと言っていたから、ニューヨークに行こうと思った」と語っています。

紅蘭さんの足首のタトゥーは、愛する弟さんなのですね。

紅蘭さんのプロフィール、そして足首にしている顔のタトゥーと意味を紹介しましたがいかがでしたか?紅蘭さんは深く物事を考えて行動に移す素敵な女性なのですね。

これからも紅蘭さんの活躍する姿をテレビでチェックしていきましょう。