市井紗耶香さんと言えば元モーニング娘。のメンバーであり、グループではあの後藤真希さんの教育係でもありました。そのため、若くして『母さん』という愛称までつけられていました。1999年ごろから、「プッチモニ」のセンターを務めて人気は急上昇。

 そんな彼女は、背中にタトゥーを入れているようです。あまり彼女のイメージには合わないような感じもしますが、実際にそれを写した画像もあるので掘り下げてみましょう。

プロフィール

生年月日 : 1983年12月31日(35歳)
血液型 : A型


 1998年5月、保田圭さんと矢口真里さんと共にモーニング娘。の2期メンバーに加入し、「サマーナイトタウン」でデビュー。その年の12月、モーニング娘。として「第40回の日本てコード大賞」の最優秀新人賞を受賞し、「紅白歌合戦」にも初出場を果たします。

 翌年には保田さん、後藤真希さんと共にグループ内のユニット「プッチモニ」を結成。デビュー曲「ちょこっとLOVE」がミリオンセラーとなりますが、2000年5月にグループを卒業し、芸能活動を一時休止してしまいます。

 その後、2001年にシャ乱Qのたいせーさんのプロデュースによる「フォークのカバーアルバム「FOLK SONGS」(市井紗耶香with中澤裕子)で芸能界に復帰します。そして、たいせーさんのキーボードと吉澤直樹さんのギターを従えて「市井紗耶香 in CUBIC-CROSS」を結成。デビュー曲「人生がもう始まっている」をリリースします。

 翌年には待望のソロ歌手として「4U〜ひたすら〜」をリリースしますが芸能界引退を宣言し、結婚生活へと向かいます。2人目の妊娠、出産を終えた2009年に三度芸能界に復帰、現在に至ります。私生活では離婚を経験し、現在は一般男性と再婚して2017年に第4子を出産しています。

背中のタトゥー

 市井さんの背中にタトゥーが彫られていると話題になりました。テレビ出演した際、背中に彫ったタトゥーがはっきり写ってしまったのです。あのモーニング娘。という、日本を代表る女性アイドルグループのメンバーだった彼女のイメージからか、この事実に多くの視聴者が衝撃を受けたようです。

 2017年に放送されたあるバラエティー番組で、4人の子供を育てている大家族のママとして出演しました。生まれたばかりの3女の世話に追われていたり、スーパーで大量の買い物をしたりしている、「主婦」としての顔を密着取材したものでした。

 その中で、彼女が台所に立つ姿を映した際に背中が大きく開いたトップスを着ていたことから、タトゥーが写ってしまったのです。そこには、『Lovity』という文字が刻まれていました。「気まぐれ」「軽率」などと言った意味で、そのまま解釈するとわざわざ背中に彫る意味はないようにも思えるでしょう。

 しかし、これが旦那様の表参道に構える美容室の名前だとすれば納得がいくかもしれません。ですが、4人の子供に囲まれて生活するママが背中にタトゥーを入れていることに対して、ネット上では批判の声も多く上がっていたようです。

タトゥーは他にも!?画像で確認

 そんな中、市井さんのタトゥーは背中だけではありませんでした。他にもいくつかタトゥーが彫られていたのです。まず、左耳の裏側には花の形のタトゥーがあります。これは、彼女の誕生花をモチーフにしているようです。12月の誕生花はオリーブで、「平和」を象徴する花だとされています。

 お腹にもタトゥーを彫っていることが、画像で確認できます。「Life is Water」と刻まれているようです。子供たちはみんな水から生まれてきた、という意味が込められています。生命誕生の水と、子供たちの命が誕生したことをイメージしているのでしょうか?

 市井さんによると、「子供たちは赤ちゃんの時からタトゥーを見慣れているので何とも思っていない」そうです。しかし自分の母親がタトゥーを入れているという事実について、実際のところお子さんたちはどう感じているのでしょうか?

 タトゥーに対して、否定的なイメージを持っている人が多いと言われる日本の社会を考えると、少し不安な気もしますね。とは言え彼女自身は特に隠すということもなく、あっけらかんとしているようです。

 さらに、2019年7月21日に投票が行われる参院議員選挙に、立憲民主党から立候補することんありました。タトゥーに関しては、消さずにそのまま出馬しても良いと党から言われているようですが、当選できるでしょうか?